AGA、はげ、薄毛、抜け毛の対策・治療

アルコールが原因で薄毛やAGAになってしまうのか

 

アルコールは、基本的に体には良くないものとされています。「酒は百薬の長」と言われていますが、飲み過ぎてしまうと害しかありません。適量であればストレス解消になるとはいっても、ほどほどにしておく必要があるのです。そして、最も気をつけなければならないのは、アルコールの摂り過ぎが薄毛につながってしまうことです。

お酒を飲み過ぎるとハゲるのか?

お酒を飲み過ぎると、AGAや薄毛が進行してしまう可能性があります。それは、いったいなぜなのでしょうか。お酒が好きな人にとって、これはとても気になる問題です。髪の毛のことを大切に考えているなら、お酒との付き合い方についても気をつけていきましょう。

なぜアルコールが髪の毛に影響を与えるのか

アルコールを摂取することで、血行が良くなります。この部分だけで考えるなら、むしろ髪にとっても良いものなのではないかと思うかもしれません。もちろん、その考え方自体も間違いとは言えませんが、それ以上にデメリットになる部分があるのです。

体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されます。アルコールがアセトアルデヒドに変わり、そのアセトアルデヒドを肝臓が分解するわけです。この物質は、しっかりと分解されれば酢酸という無害な物質になるのですが、分解が間に合わなければ体に対して様々な影響を与えることになります。

このアセトアルデヒドは、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を増加させる働きがあると言われています。この男性ホルモンはAGAの原因とされており、ジヒドロテストステロンが増加することは、AGAを進行させることになるのです。

また、AGA以外にも、髪の毛がアルコールから受ける影響はあります。髪の材料としてケラチンというタンパク質があります。このケラチンが生成されるのは肝臓なので、アルコールによって肝機能が低下していると、髪の毛を作る能力自体が低下してしまうのです。

髪の毛以外のことも考えてアルコールは控えめに

お酒が好きな人にとって、アルコールを控えるのは大変なことかもしれません。しかし、ほどほどなら良いと言われているものでも、過剰に飲むと髪の毛以外にも健康に悪影響を与えてしまいます。

アルコールはAGAや抜け毛の原因になるものと言えますが、過剰摂取はそれ以外にも健康面で問題の起きる原因になります。いくら好きなものだと言っても、将来のことを考えるなら、ほどほどの量で楽しむようにしましょう。

関連記事

  1. ハゲ対策にはバランスのいい食事が効く

  2. フケが出てきて髪の毛も抜ける?それは粃糠性(ひこうせい)脱毛症かも?

    フケが出てきて髪の毛も抜ける?それは粃糠性(ひこうせい)脱毛症かも?

  3. AGA薄毛の薬の種類 何種類あるの?違いとは?

  4. AGAや薄毛の原因になる血行不良に気をつけよう

  5. ジェネリックの薄毛薬の効果や副作用が気にな る

  6. 薄毛遺伝子について詳しく解説

    薄毛遺伝子について詳しく解説するよ!

  7. はげや薄毛は遺伝するのはうそなのか、ほんとなのか

  8. 後頭部の薄毛は原因を知って適切な対策を

  9. 生活習慣の乱れはAGAや薄毛の原因になるのか

PICK UP!

  1. AGAによる薄毛や円形脱毛症の違いを解説
  2. AGAや薄毛の原因になる血行不良に気をつけよう
  3. O字ハゲの原因を知って対策 O字ハゲの原因を知って対策しよう!

はげ・薄毛 治療特集

  1. 円形脱毛症の対策・治療方法
  2. 脂漏性脱毛症の治療方法を詳しく解説します。
  3. 実は眠りとハゲは深い関係があった
  4. 粃糠性(ひこうせい)脱毛症の対策・治療方法にはどんなものがある?
  5. ザガーロはAGAや薄毛に効果的ですが効かない人もいます。その特徴は?
  6. 睡眠不足を改善して薄毛対策しよう
  7. ザガーロはAGAや薄毛に効果的ですが効かない人もいます。その特徴は?
  8. AGA(薄毛)の治療薬
PAGE TOP