AGA、はげ、薄毛、抜け毛の対策・治療

前頭部や生え際が薄毛になる原因とその対策方法を解説

 

ふと鏡を見ると、「生え際の髪の毛が薄くなってきたような。。」とドキッとした方は多いのではないでしょうか。

実は薄毛が前頭部や生え際から進行する人には似たような傾向があるようです。この記事では前頭部や生え際が薄毛になる原因と対策について解説していきます。

1.前頭部や生え際が薄毛になる原因

前頭部や生え際が薄毛になってしまう原因は、大きく分けて3つあると考えられます。

AGA

1つ目の原因は近年なる人が多いと言われているAGAという病気です。AGAとは体内の中、特に頭部に髪の毛の生えるサイクルを極端に短くしてしまう作用があるジヒドロテストステロンというホルモンが多く分泌されることで発症すると言われています。

そして実際にAGAになると生え際や前頭部の髪の毛から徐々に薄くなっていくのです。またこのAGAという病気は本来30代以降の男性に多くみられ、近年では20代の男性でも発症する人が増えてきています。男性は若いからといって薄毛になるはずがない、という油断をしてはいけないのです。

頭皮へのダメージ

2つ目の原因は頭皮へのダメージの蓄積です。

女性と比べて男性は頭皮にダメージを蓄積しやすい生活習慣を持っていることが多いと言われています。例えば、シャンプーをする時に指先に力を入れてゴシゴシと頭皮を洗ってしまったり、ドライヤーでしっかりと頭皮についている水分を乾かさなかったり、さらには強い日差しの中で日傘などをささなかったりするなどが頭皮にダメージを蓄積する習慣になります。

生活習慣の乱れ

残る3つ目の原因としてあるのは、生活習慣の乱れです。睡眠時間が極端に短かったり、栄養バランスの取れていない食事を摂っていたり、また運動不足などがこの生活習慣の乱れに当てはまります。

このような生活習慣の乱れには体内の中のホルモンバランスを乱したり、頭皮の健康状態を極端に害してしまったりする可能性があるため、前頭部や生え際の薄毛の原因ともなるのです。

2.前頭部や生え際の薄毛への対策方法

前頭部や生え際が薄毛になってしまった場合の対策方法は、基本的に原因療法が適していると考えられます。

生活習慣の乱れに心当たりがある場合はその乱れを正しいものへと直したり、頭皮へのダメージが原因となっていることが考えられる場合にはダメージを与えないように注意することが対策となります。ちなみに生活習慣の乱れや頭皮へのダメージが原因として考えられない場合には、最初にご紹介したAGAが原因であることが多いです。

AGAは、いわゆる通常の病気と同じく病院でしっかりとした治療を受けなければ治る確率は低いと言われています。AGAが原因と考えられる場合には、専門のクリニックなどに訪れて検査を受けて、原因に対して効果的な治療を受けてみることから始めることをお勧めいたします。

関連記事

  1. AGAや薄毛対策に効くおすすめコンディショナーの使い方

  2. 花粉症によるアレルギー反応で薄毛やはげになる理由と対策法

  3. アルコールが原因で薄毛やAGAになってしまうのか

  4. 円形脱毛症の原因と特徴

    円形脱毛症の原因と特徴を解説していくよ!

  5. 薄毛の薬!プロペシアの効果は?副作用はある の?

  6. 薄毛や抜け毛で悩む人が坊主にするメリットや効果を解説

  7. 日本人に一番多いM字ハゲ。原因を知って対策しよう!

    日本人に一番多いM字ハゲ。原因を知って対策しよう!

  8. AGAや薄毛に対してプロペシアが効かない人の特徴

  9. はげや薄毛は遺伝するのはうそなのか、ほんとなのか

PICK UP!

  1. あなたは何ハゲ?ハゲの種類を知ろう。
  2. AGAや薄毛の原因になる睡眠不足に気をつけよう
  3. AGAや薄毛対策に良いとされる運動で、本当に改善はされるのか?

はげ・薄毛 治療特集

  1. AGA(薄毛)の治療薬
  2. 実は眠りとハゲは深い関係があった
  3. 脂漏性脱毛症の治療方法を詳しく解説します。
  4. ザガーロはAGAや薄毛に効果的ですが効かない人もいます。その特徴は?
  5. 睡眠不足を改善して薄毛対策しよう
  6. 粃糠性(ひこうせい)脱毛症の対策・治療方法にはどんなものがある?
  7. ザガーロはAGAや薄毛に効果的ですが効かない人もいます。その特徴は?
  8. 円形脱毛症の対策・治療方法
PAGE TOP